一般歯科|吹田市山田南の歯医者「マスヤ歯科医院」

一般歯科

general

一般歯科について

むし歯や歯周病・入れ歯の治療など、通院した際に受ける一般的な治療です。
当院では、最初に丁寧なカウンセリングを行い、患者様と一緒に最善の治療法を考えていきます。
また、歯へのダメージや患者様のご負担をなるべく少なくするよう心がけています。

むし歯治療

むし歯は、むし歯菌(ミュータンス菌)が出す酸が原因で、歯が溶かされていく病気です。放置していると、他の健康な歯までもがむし歯になるリスクがあり、強い歯の痛みを引き起こすこともあります。自然に治るケースが少ないため、歯科医院で早期の治療を受けることが必要です。当院では、できるだけ抜かず・削らない治療を大切にしております。治療時は、むし歯の部分だけを削り、健康な歯に悪影響を及ぼさないように精密な治療を徹底しております。症状が悪化しても、ご自身の歯を保存することを第一に考え、抜かないための治療法をご提案できるケースもございますので、他院で『抜かなければならない』と言われた場合は、ぜひ当院にご相談ください。

むし歯の治療方法

セルフケアで修復できる、初期のむし歯(C0)

歯の表面を覆うカルシウム成分が溶け出している状態です。むし歯としては非常に軽い状態のため、治療で歯を削ることはほとんどありません。フッ素塗布による再石灰化をめざし、正しいブラッシング指導を行います。磨き残しが多いブラッシングのままでは、むし歯の悪化を防ぐことが難しくなってしまいます。正しい予防の意識を持つことで、むし歯の改善が期待できるのです。

痛みのない小さなむし歯(C1)

歯の表面のエナメル質が溶かされ始め、歯にほんの小さな穴が開き、黒ずんで見えることもあります。C1のむし歯では、まだ痛みといった自覚症状は、ほとんどありません。そのままではむし歯がさらに悪化してしまう恐れがあるため、むし歯部分だけを削り詰め物をセットいたします。健康な歯を削ることがないよう、精密な治療を心がけております。

冷たい物がしみたり、痛みを感じたりするむし歯(C2)

エナメル質のさらに奥にある、象牙質まで進行しているむし歯です。象牙質は神経に近いため、自覚症状が現れやすくなり、食べ物や飲み物の温度によって痛みを感じることもあります。治療時は、むし歯部分をしっかり削り取り、歯科用プラスチックのレジンを使った詰め物をします。むし歯の範囲が大きい場合は、丁寧な型取りをしたうえでの詰め物が必要です。

神経まで進み、激しい痛みを感じる大きなむし歯(C3)

歯の神経部分にまで、むし歯が進行している状態です。神経がむし歯菌に感染してしまうと、我慢できないほどの強烈な痛みを引き起こし、顔が腫れ上がってしまうこともあります。根管治療により、神経を抜く抜髄と根管内を綺麗に洗浄する必要があり、治療期間が長引くケースもございます。咬み合わせのバランスに合わせた被せ物を作ることで、歯の機能回復をめざします。

歯の根だけ残った末期のむし歯(C4)

歯の根にまでむし歯が及んでいる状態です。歯の大部分はむし歯菌によって溶かされています。歯の神経はすでに死んでしまっているため、痛みを感じることはほとんどありません。そのまま放置していると、他の歯や咬み合わせにも影響を与える恐れがあり、速やかな抜歯が必要になるケースばかりです。

歯周病治療

歯周病とは、歯周病菌が原因で引き起こされ、日本人の成人が歯を失う最も多い原因の病気です。30代以上の約8割が歯周病にかかっているというデータもあります。初期の歯周病は自覚症状がほとんどなく、痛みや歯ぐきの赤みなどに気づいた頃には、すでに症状が重症化しているケースばかりです。歯を支えている骨が細菌によって少しずつ溶かされていき、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病は、脳梗塞や心筋梗塞など、全身の様々な合併症のリスクを高めるため、早期の治療が必要です。当院の歯周病治療は、原因をしっかり特定し、患者様の症例に合わせた治療を進めることを徹底しております。

歯周病の治療方法

歯肉の腫れがある軽度の歯周病(歯肉炎)

炎症により歯ぐきが赤みを帯びており、ブラッシングでも歯ぐきから出血することがある状態です。治療では、歯の表面に付着した歯垢をしっかり取り除き、口腔内の環境を整えていきます。その後、当院の歯科衛生士がブラッシング指導を行い、患者様ご自身が自宅でも正しいセルフケアを実践できるよう、丁寧にアドバイスしております。日々のセルフケアと定期的な来院によるメインテナンスを組み合わせ、症状の改善を一緒にめざしましょう。

歯肉の腫れや歯石の沈着がある軽度の歯周病(軽度歯周炎)

歯を支える歯槽骨が歯周病菌による炎症により、溶かされ始めている状態です。歯周ポケット付近には歯石が付着しており、歯周病がさらに進行するリスクを高めます。スケーリングと呼ばれる方法で歯石を除去し、ブラッシング指導を通じて症状の改善をめざします。

歯石が歯肉の奥に沈着、歯肉が腫れ膿が出てきたりする歯周病(中度歯周炎)

歯周ポケットがさらに深まり、内部にまで歯石が沈着している状態です。歯ぐきから膿が出ることもあり、強烈な口臭を引き起こす原因になります。歯槽骨の破壊も進み、歯がぐらつくこともあります。歯周病の進行が進んでいるため、症状の回復には時間が必要です。当院では綿密な治療計画を作成し、患者様の症例に合わせた治療をご案内いたします。

歯が動いたり浮いてきたりする歯周病(重度歯周炎)

重度歯周炎の場合、抜歯や手術が必要になるケースがほとんどです。当院ではできるだけ抜かない治療を心がけておりますが、症例によっては抜歯しなければなりません。その際は、患者様に必ず抜歯の必要性をご説明。手術では、歯周組織再生療法を取り入れ、失われた骨や歯肉の回復をめざします。歯周病の改善に向けて一緒に取り組み、少しずつ慎重に治療を進めて行きます。

入れ歯

保険の入れ歯と保険外の入れ歯

入れ歯は、保険治療のタイプと自費治療のタイプに分かれます。使用できる素材や装着感に違いがあり、それぞれにメリット・デメリットがあるため、当院では患者様のライフスタイルに合わせ、様々なタイプの入れ歯のご案内を心がけております。

保険の入れ歯の特徴

入れ歯はプラスチック素材に限定されます。
部分入れ歯の場合は、クラスプという金属の留め具で入れ歯をしっかり固定します。

Merit  メリット
  • 費用を抑えられる
  • 修理がしやすい
  • 作製までの期間が短く、スムーズな治療が期待できる
Demerit  デメリット
  • 強度を保つために厚く作られており、装着時に圧迫感がある
  • 熱伝導率が劣り、食べ物や飲み物の温度を感じにくい
  • 手入れを怠ると、変色や口臭の原因になる

保険外の入れ歯の特徴

入れ歯の製作費や治療費は全額自己負担になります。様々な素材から選ぶことができ、見た目や装着感によりこだわった入れ歯の製作が可能です。

Merit  メリット
  • 金属のバネがないタイプや金属を一切使用しない入れ歯を作れる
  • 天然歯に近い自然な見た目にすることができる
  • 耐久性があるため壊れにくく、長期間の使用が期待できる
Demerit  デメリット
  • 全額自己負担になるため、費用が高額になるケースもある
  • フルオーダーメイドのため、製作期間が長い
  • 使用する素材によっては修理が難しい
技工士との密な連携

入れ歯を長年使用していると経年劣化により、変色や破損してしまうケースがあります。使用する患者様にとって、入れ歯は無くてはならないものです。
当院には院内技工士が在籍しており、スムーズな対応を心がけております。歯科技工所に依頼することなく、院内で入れ歯の修理を行うことができ、できるだけ早く修復したものをお返しできます。『歯ぐきに擦れて痛い』といったトラブルがあれば医師と連携し、より装着時の違和感が少ない入れ歯の作り直しや調整も可能です。
入れ歯のトラブルにおなやみの際は、スピーディーな対応で患者様の生活をサポートしている、当院の入れ歯治療をぜひご利用ください。

ページトップへ戻る