審美治療・ホワイトニング|吹田市山田南の歯医者「マスヤ歯科医院」

審美治療・ホワイトニング

whitening

審美治療について

審美治療は、ホワイトニングや歯列矯正、セラミックやラミネートベニアなど、様々な治療法があります。当院では、見た目の美しさを追求することはもちろん、咬み合わせや安定した噛む力といった機能面も重視し、患者様のご要望に応える治療の提供を大切にしております。『歯並びを美しくしたい』『輝くような白い歯にしたい』など、ご自身のご要望やなりたい姿のイメージなどを私たちにご相談ください。

審美治療で使用する補綴物のご紹介

メタルボンドクラウン

セラミックで外側をコーティングし、内側は金属で作られている被せ物です。金属部分は見えず、セラミック特有の透明感があります。強度も高く、汚れも付きにくいため、経年劣化が少ない被せ物です。

ジルコニアクラウン

ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれており、優れた耐久性で割れにくい素材です。噛む力が特に強い奥歯の治療に適した被せ物です。金属を一切使用していないため、金属アレルギーをお持ちの患者様も安心してご利用になれます。

ハイブリッドセラミックス前装冠

外側は歯科用プラスチック(レジン)と、セラミックを配合したハイブリッドセラミックでコーティングし、内側は金属で作られている被せ物です。強度や見た目も美しい仕上がりが期待できますが、レジンの経年劣化による変色リスクがあります。

ハイブリッドセラミックスインレ-

レジンとセラミックを配合した詰め物です。天然歯に近い色合いや見た目を再現できますが、奥歯の使用によっては割れやすいというリスクもあります。

セラミックラミネートベニア

歯の表面をごく薄く削り、セラミックで作られた薄い板を貼り付ける治療法です。治療による痛みはほとんどありません。前歯の隙間を無くしたり、歯の色や形を整えたりするのにお薦めです。

ファイバーコア

根管治療をした歯に土台となるコアを埋め込み、被せ物を装着して歯を補強する治療法です。コアはグラスファイバー製のものが多く、アレルギーの心配はほとんどありません。柔軟性がある素材ですので、歯にかかる負担を軽減することが期待できます。

ホワイトニングについて

口元はしあわせの始まりです。
きれいな笑顔からあふれる真珠のように輝く白い歯は、すべての人を魅了します。
透明感のある白い歯に興味のある方は当院にどうぞ!

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、患者様ご自身が自宅で行っていただくホワイトニング治療です。患者様の歯型に合わせて作成したマウスピースに、専用のホワイトニング剤を注入し、毎日決められた時間で装着していただきます。オフィスホワイトニングに比べると、歯が白くなるまで時間がかかりますが、ホワイトニング剤の有効成分が歯の内側にゆっくりと浸透するため、白さがより長く持続すると言われております。仕事や家事に忙しく、歯科医院に通院する余裕がない患者様にお薦めです。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット
Merit  メリット
  • 歯や歯ぐきへのダメージが少ない
  • 自分の歯を削らずに白くできる
  • 時間をかけて白くするため、自然な仕上がりが期待できる
  • 白さの持続期間が、比較的長い
  • オフィスホワイトニングに比べ、価格がリーズナブルで負担が少ない
  • 薬剤の刺激が少なく、歯にしみにくい
Demerit  デメリット
  • 薬剤の濃度が低いため、治療期間が長くなる
  • 1日あたり決められた時間分はマウスピースの装着が必要
  • 治療期間中は、カレーやワインなどの着色成分が多い飲食物は避ける

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士が院内で施術を直接行うホワイトニングの方法です。高濃度のホワイトニング剤を使用でき、光の反応によって歯の表面や内側に沈着した着色成分を分解していきます。少ない通院回数で歯を白くでき、プロの施術により色ムラが少なく仕上がりの美しさも期待できます。結婚式やイベントが近く、できるだけ早く歯を白くしたいと希望する患者様にお薦めです。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット
Merit  メリット
  • 特殊な光と高濃度のホワイトニング剤により、比較的短期間で治療効果を実感できる
  • ホームホワイトニングに比べ、明度の高い白さにできる
  • 歯科医師や歯科衛生士のプロが施術を担当するため、仕上がりの色ムラが少ない
  • 機械はプロが正しく使用するため、トラブルのリスクを軽減
  • 施術時に痛みが出ても、すぐに応急処置ができる
  • 治療前に口腔内をチェックし、むし歯や歯周病の早期発見・治療にも対応可能
  • 歯石の除去といったクリーニングもできるため、口腔内の環境を改善できる
Demerit  デメリット
  • 歯科医院で行う分、治療費が高くなる
  • 高濃度のホワイトニング剤を使用するため、患者様によっては刺激が強く、歯ぐきにしみることがある
  • むし歯や歯周病がある場合は、先に治療を行い、口腔内環境を改善する必要がある
  • 無カタラーゼ症の患者様はホワイトニング治療を受けられません
  • ホームホワイトニングに比べ、歯の白さの持続期間が短い

ページトップへ戻る